エンジニアリング

安全

研修

社会貢献

エンジニアリング

施工力を競う光通信工事技能競技会 【2022年10月5日3年振りに京都で開催】

プロ技術者としての誇りを醸成

 高度化するICT技術への対応及び工事品質と生産性の向上を図る一方、時代の要請に適合した複合技術に対する実践的な総合エンジニアリング力の養成を目的として、施工者が持つ光開通工事の技術をオープンにして切磋琢磨するとともに、プロとしての自覚と誇りを培ってもらうために、当協会では毎年「光通信工事技能競技会」を実施しています。実践的な複合技術者の育成のため、アクセス系設備工事を題材として光ユーザ・光アクセス・メタル技術を複合した競技を実施しています。全国の通信建設会社の選手が出場し、与えられた高度な課題を完遂して通信建設業界の技術力の高さを示すことができました。また、通信工事の施工やサービス開通の具体的プロセスを多くの方にご覧いただくことにより、業界への理解を深めていただきたいと思っております。なお、コロナ禍で2年間開催を中断していましたが、 3年振りに2022年10月5日、第17回大会を京都パルスプラザでメニューを一新し開催、競技模様はオンライン配信します。なお、視聴は事前登録が必要です。
【オンライン視聴はこちらから】

競技模様【第14回大会_神戸国際展示場】

14th神戸大会競技模様 14th_Movie