情報通信エンジニアリング協会が運営する就職情報ポータル

Just another WordPress site

ITEA

情報通信エンジニアリング業界とは

情報通信とは

情報通信は、皆さんの生活の中でなくてはならない存在です。例えば、スマートフォンでインターネットから情報を入手したり、メールのやりとりができるのには、携帯電話のアンテナ、ルータ、サーバや日本全国、世界の都市間をつなぐ中継光ファイバ網の情報通信設備が不可欠です。また、ご自宅のパソコンからインターネットで商品を注文するのも、ご自宅まで加入光ファイバが敷設されていることにより可能になっております。

情報通信エンジニアリングとは

情報通信設備で構成されている情報通信ネットワークの設計・建設・保守・運用、さらにはオフィスやお客様宅内のICT*化のサポートまで一元的に提供していくことが、情報通信エンジニアリングの役割です。

*ICT(Information and Communication Technology): コンピュータ、通信機器とそれらとを結び付けられるサービスをカバーしている広い分野を参照するシステム。

今後ますます発展する情報通信エンジニアリング業界

ICT情報通信は、技術の進展とともに劇的なスピードで変革が進んでいます。インターネットトラフィックは、年率30%ものスピードで増加しています。また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、世界最先端ICT環境の実現を目指します。このICT戦略に基づき、モバイル・クラウド・ビッグデータ・IoT*等ICTの活用がますます求められています。
情報通信エンジニアリング業界としては、そうした活動を支えるため、これまで培ってきた情報通信建設分野での総合力を発揮し、社会生活や経済活動に不可欠な情報通信インフラの構築・整備・保守を通信事業者様と歩調を合わせながら実施していきます。

*IoT(Internet of Things): 今までインターネットに接続される事のなかったモノがインターネットに接続されていく概念のこと。

情報通信エンジニアリング協会とは

情報通信エンジニアリング協会は、情報通信ネットワーク構築を企画から設計・構築・運用までの一貫した事業を展開できる通信エンジニアリング企業の団体で、17社の通常会員と17社の特別会員で構成されています。各会員会社は、さまざまな国家資格等を有し、確かな技術や知識、経験をもとに現場で技術力を発揮しています。
当協会は、会員会社の活動をサポートするため、「エンジニアリング」、「安全」、「研修」、「社会貢献」の4つの柱で取り組んでおります。