情報通信エンジニアリング協会が運営する就職情報ポータル

Just another WordPress site

ITEA

女性の活躍 ~情報通信エンジニアリング業界で活躍している女性社員座談会~

いきいき女性社員のスゴさの秘密、教えます!

いきいき女性社員のスゴさの秘密、教えます!

6月13日(月)、大阪・森ノ宮の情報通信エンジニアリング協会西日本事務所へ、協会会員会社9社の女性社員に集まっていただき、情報通信エンジニアリング会社への影響を与えてくれた先輩・上司や各社の女性社員育成カリキュラム、女性活躍推進法について、女性が活躍するための課題、後輩へのメッセージ等について語っていただきました。

Q1. 影響を与えてくれた先輩・上司

司会(本井傳) それでは、まず仕事をしている中で、自分自身にとって影響を与えてくれた方、目標とする先輩・上司についてお聞かせください。

頼りにしている今の女性上司

行武 私の会社は技術系の女性が少なく、土木は私だけなので、特に影響を与えられたのは、9つ上の女性のアクセス系の先輩です。女性だけではなく男性社員や後輩たちも、みんな頼りにしている方です。今の部署で私の上司として働いていますので、その姿を見て影響を与えられているし目標としています。

「これがプロの仕事ですよ」といった先輩

神垣 入社時に新入社員研修のマナー研修で、講師をされた女性の方です。たとえばエレベーターに乗ったら率先してボタンを押して、招き入れ、送り出すように本社ビルのエレベーター内の操作パネルの位置を教えていただいた事を今でも鮮明に覚えています。その方のお話の中で、電話応対の大会に行かれたときに、会社の場所を電話で尋ねられるシーンがあり、会社の近隣で工事している場所まで把握され、工事中のためその場所は通れないとか、工事中だと目印になるものが隠れてしまっていることを考慮して説明されていた事を聞きました。そして、これがプロの仕事ですよと言われていました。その時、どんな仕事にでも責任を持って自分の仕事を全うできるような女性になりたいと思いました。

「企業は人なり」

街道 影響を受けた人は二人います。一人は、人を大切にと教えてくださった上司です。「企業は人なり」とよく耳にしますが、育成業務に従事してから特に意識をしています。

もの作りは失敗してもお金と時間をかけることにより、再度作り直しはできますが、人はそのようにはいきません。新入社員が社会人としてうまくスタートし、3年目のフォローアップ研修までメンタル面も含めて支援するように心がけています。先輩社員として接しやすい雰囲気作りを心がけて、今後も相談しやすい人となれるように努力していきたいと思います。

もう一人は自分が新入社員の時にお世話になった女性の先輩です。ふとした時に、「この頃どう?」と、声をかけてもらうと何でも話せる自分がいました。私も女性であるという特徴を活かし、和やかな空気で、何でも話せるような環境を作れる人になりたいと望んでいます。

「一人前のエンジニアになることが大切である」と気づかせてくれた先輩

川上 私は土木に配属されてちょうど1年の時に、電線共同溝工事で初めて設計・施工管理を担当しました。その工事の現場代理人兼監理技術者であった当時入社6年目の先輩に影響を受けました。先輩の仕事に対するひたむきな姿勢や責任感を身近で感じ、入社当初「男性社員に負けません。」と意気込んでいましたが、工事を通して自分自身で女性という壁を作っていたこと、男女関係なく人前のエンジニアになることが大切であることに先輩が気づかせてくれました。将来、先輩のような現場代理人になりたいと思いました。

NDS 川上

川上由委 (かわかみ ゆい)
NDS(株) NTT事業本部名古屋支店 エンジニアリング部 基盤担当に所属
2014年入社
現在、基盤設備工事の設計・施工管理業務に従事し、主にNTT一般総合工事や民需工事(電線共同溝本体工事および設備工事)を担当。その他、とう道の点検・修繕や測量等様々な業務に携わっている。

とう道内の排水ポンプ故障による浸水確認状況

とう道内の排水ポンプ故障による浸水確認状況